『美肌への第一歩 』Part 1 :肌の大敵!紫外線について知ろう

こんにちは!

himocoです( ´ ▽ ` )

最近春の匂いになってきましたね♪

暖かくなってきたので外にも気持ちよくでれますね。

外に出るときに気になることといえば、

日焼け…。

みなさん日焼け対策はしていますか?

露出を減らす、日焼け止めを塗るなど

色々と対策はありますが

正しい知識がないと、その対策の効果が半減してしまうということも…

特に要注意なのが紫外線です。

紫外線はシミやそばかすの原因と言われてますから

しっかりと対策をとりたいものですね!

そこで今回は美肌の大敵!紫外線について

説明していきたいと思います♪

 

そもそも紫外線ってなに!?

 

みなさん、紫外線と聞くとどんなイメージがありますか?

「肌に悪そうだから嫌だ〜」

「紫外線が強いから気をつけないと」

と思っても、実際なにがどう悪いのかは

よくわからない方も多いと思います。

 

私もそうでした。

「日焼け止めつけとこうかなー」

「まぁ私は赤くならないし大丈夫かな」

と軽く思ってたくらいです。

でも軽く考えていると痛い目を見るのが紫外線です。

まずは紫外線について簡単に書きますね。

 

 

太陽からの光

①可視光線(目に見える)

②赤外線 (目に見えない)

③紫外線(目に見えない)

④X線(目に見えない)

⑤ガンマ線(目に見えない)

この5つの光線が集まって光となっています。

 

目に見えるのは①可視光線です。

他は肉眼では見えない光線なんです。

 

今回お話する紫外線は目に見えない光線です(´ー`)

目に見えなって怖いですよね。

確かめようがないですし…。

「防ぎにくいよ!」って感じです。

 

しかし!

この紫外線がシミやシワやそばかすの原因になっていきます。

知らず知らず浴びてきた紫外線が蓄積されて

やがてシミやそばかすとなって現れてくるので

本当に厄介です!

紫外線の知識を身につけて、しっかり対策をとりましょう。

紫外線対策で押さえておきたいのが、紫外線の種類です。

 

紫外線の種類(A波とB波に要注意!)

 

紫外線にはA波 B波 C波があります。

 

A波

肌の奥深くまで浸透してしまうA波は、肌に様々な影響を及ぼします。

コラーゲンを少なくしてしまい、しわなどの原因になってしまったり、

長い時間をかけ、じわじわと肌に影響を与えていくものです。

雲やガラスも通り抜けてしまうので、家の中や車や曇りの日も油断禁物です。

 

B波

日光にあたると肌が赤くなってしまう主な原因はこのB波です。

B波は特にエネルギーが強いため、

肌表面の細胞を傷つけやすく炎症が起きやすいので、

シミや皮膚ガンの原因にもなってしまいます。

 

C波

オゾン層で完全に遮られるため地表には届きません。

 

つまり!

A波とB波に気をつければ紫外線は大丈夫ということですね♪

 

紫外線対策について

 

紫外線の知識を学んだところで、ようやくお待ちかねの紫外線対策です。

紫外線を防ぐために顔に行えることといえば

①帽子やサングラスをつける

②日焼け止めをこまめにぬる

③SPFやPAと書いてあるコスメをつける

といったことがあげられますね。

「なんだ、当たり前じゃん」と思うかもしれませんが

③のSPFやPAって意識したことありますか?

日焼け止めはもちろん、実はコスメにもさりげなく

のっているこの言葉達。

実は紫外線のA波とB波を防ぐために重要なワードなのです!

SPF・PAについては

『美肌への第一歩 』Part 2:SPF・PAとは

で詳しく説明します。

紫外線対策をしっかりすることで、お肌の免疫をあげていきたいですよね。

対策をすることで、

すぐに効果が見えなくても、後になって違ってきます。

 

最後のまとめ( ´ ▽ ` )

 

今日は『紫外線について』書かさせていただきました。

紫外線に少し意識を向けることで、お肌の見直しにもつながってくるので、

できることから、やってみてください( ´ ▽ ` )☆

 

また、今までレビューしたコスメについては、メニューの『cosmetics reviews』をご覧ください( ´ ▽ ` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)